Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

株式投資で一株当たり利益(EPS)の計算式とは?

株式投資

株式投資において重要なのは、企業の収益性(あるいは将来の期待収益力)です。

上場企業が利益を上げる能力を示せば、その投資家は豊かな報酬を得ることができます。長期にわたって安定的に収益を上げる可能性の高い企業を見極めることが、銘柄選びの成功につながるのです。

逆に、一度も黒字にならない会社は、株価にその業績が反映されます。

では、企業の収益性はどのように測ればよいのでしょうか。

それはEPS(1株当たり利益)と呼ばれるものです。

一株当たり利益は、世界中のファンダメンタルズ投資家が使用する主要な収益性のインプットです。今回は、それを使って有益な投資ができるように、分解して説明します。

1株当たり利益(EPS)とは?

1株当たり利益(EPS)とは、企業の純利益を発行済株式数で割ったものです。

その結果、企業の収益性を示す数値となります。この数値が高いほど、1株当たりの収益性は高くなります。収益性が高ければ高いほど、その企業の株式を買いたいという投資家が増え、株価が上昇する。

EPSの数値は、単独ではやや恣意的です。しかし、本当に重要なのは、同業他社との相対的なEPS、自社の株価との相対的なEPS(PER)、そして長期にわたる自社のEPSなのです。

なぜ一株当たり利益の計算式なのか?

一株当たり利益は、ファンダメンタル投資家にとって最も重要な財務指標の一つです。

株を買うということは、企業の一部を買うということです。自分は一歩離れていますが、自分はその会社の利益または損失の一部を買っています。

株は大きな会社であり、それ以上ではないのです。その企業は、利益が出たら、配当や自社株買いの形で分配するか、将来の利益向上のために再投資するか、その使い道を決める。

つまり、一株当たり利益とは、自分が新しい投資をするたびに買っているものなのです。

一株当たり利益の計算式

1株当たり利益は、当期純利益から優先株式配当金を差し引いたものです。その結果を平均発行済み株式数で割る。

発行済株式の数は時間の経過とともに変化することができるので、ほとんどの式は、指定された期間にわたって平均を使用することに留意してください。

1株当たり利益の例を見てみましょう。

X社が2021年に1000万円の利益を上げ、優先配当を行わず、株主数が1万人だったとします。

株主は1株当たり1000円の利益を得ることになります(純利益1000万円/株主1万人)。

1株当たり利益に関するFAQ

次に、1株当たり利益に関連するよくある質問について見ていきます。

Q.良い1株当たり利益とは何ですか?

前述したように、「良い」1株当たり利益とは、完全に相対的なものです。

同じ歴史上の同業他社との相対的な比較
自社の株価(PER)に対する相対的な関係
自社の収益性の歴史との相対的関係

EPSの数値が大きくなることは、企業が収益性を高めていることを意味します。
競合他社よりも速いスピードで成長していれば、投資家が殺到し、株価が上昇することが予想されます。
これは、すでにその株を持っている人にとっては朗報です。

同様に、EPSの数値が縮小している場合は、企業の収益性が低下していることを表しています。
投資家がこのことを認識し、将来が暗いと判断した場合、株価はどこまで下がるかわかりません。

一株当たり利益の短期的な増減は、一時的な費用の変化、減価償却費、将来への再投資の不足などから生じることを忘れないでください。
賢明な投資家は、長期的な業績の推移を気にするものです。

Q.基本的1株当たり利益と希薄化後1株当たり利益。何が違うのですか?

基本的なEPSの計算は、上記の計算式で見ることができます。
希薄化後EPSの計算では、ストックオプション、ワラント、制限付きストックユニット(RSU)から生じる株式を行使されたとみなし、分母に加えます。

例えば、マイクロソフトが200億円の利益を上げ、発行済の普通株式が5千万株の場合、基本的なEPSは400(200億円÷5千万株)です。

しかし、マイクロソフトがさらに1,000万株に変換できる可能性のある従業員ストックオプションを配布していた場合、希薄化後EPSは400(200億円/(5千万+1千万)株)です。

Q.1株当たり利益と配当金。何が違うのですか?

1株当たり利益は企業の業績を表す代表的な指標ですが、投資家はその利益に直接アクセスすることはできません。

企業が利益を上げた場合、その利益をどうするかは、取締役会が決定します。

事業展開のために全額留保する
配当金として一部を分配する。
配当金とは、企業が得た利益の一部を株主に分配することです。

Q.1株当たり利益がマイナスになることはあるのですか?

1株当たり利益は、計算式にあるように、企業の純利益を発行済株式数で割ったものです。もし、企業が不採算(儲けよりも支出が多い)であれば、当期純利益がマイナス(純損失)となり、EPSがマイナスとなります。

しかし、不思議なことに、何年もEPSがマイナスでありながら、その間、株価が高騰している上場企業も少なくない。このような場合、投資家はその会社が長期的に良い業績を上げ、新しい産業のフロントランナーとなることを期待しているのです。

一株当たり利益

EPSは、その企業が投資対象として優れているかどうかを判断する材料にはならないが、投資判断のための計算式には不可欠な指標です。

また、投資の全ての要諦でもある。投資とは、その企業が利益を生み出せるかどうか、理想を言えば増加するかどうかを判断することです。この単純な真実を忘れては、株式市場が始まって以来、純粋に投機的な投資家に多くの教訓を与えてきました。

残念ながら、この教訓は多くの投資家が身をもって体験していることでもあります。



追加