Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

海外の仮想通貨取引所で暗号通貨を購入・取引・売買する方法

仮想通貨

Coinbase、Coinbase Pro、Binanceで暗号通貨(仮想通貨)を購入・取引・売買する方法ですが、暗号通貨(仮想通貨)の購入は、RobinhoodやSquare Cashなどの人気金融会社が参入し、この1年でユーザーフレンドリーなプロセスになっています。

ここでは、暗号通貨(仮想通貨)IQを高めるために、現在投資家が暗号通貨(仮想通貨)を購入または取引する代替方法をいくつか紹介します。

日本の仮想通貨取引所は取り扱っている銘柄が少ないですが、海外取引所大手であれば、取扱銘柄が多く上がりやすい仮想通貨の購入も可能です。
例えばXPは、過去に11万倍の高騰を記録。草コインは、短期的に爆発的な高騰をする可能性があります。

コインベース

コインベースは、暗号通貨(仮想通貨)の購入方法を大幅に簡素化することで、暗号通貨(仮想通貨)取引所のリーダーとしての評判を確立しました。

コインベースは、銀行口座を使用する場合は1.49%、クレジットカードを使用する場合はなんと3.99%の取引手数料と、すべての暗号通貨(仮想通貨)取引所の中で最も高い為替手数料を持っています。

コインベース・プロ

以前はGDAXとして知られていたCoinbase Proは、Coinbaseが提供する、より中級のユーザーに向けたサービスです。
Coinbase Proは、より高度で詳細な取引チャートとグラフ、およびより多くの取引オプションを備えています。

取引手数料は注目に値します:注文サイズに応じて$0.10~$0.30の範囲です。

バイナンス

Binanceは、取引量とユーザー数で最大の暗号通貨(仮想通貨)取引所の1つです。

Binanceは、数百種類の暗号通貨(仮想通貨)、高度な取引機能、堅牢な取引チャートとグラフを備えています。Binanceは0.1%の取引手数料を請求します。

暗号通貨(仮想通貨)の規制と規則

規制に対する個人的な考え方は、暗号通貨(仮想通貨)全体に対する自分の見方を決定づけます。

金融規制は、悲惨な市場の失敗や、不正取引の産物です。規制は、世界中の大恐慌の産物です。

金融市場、例えば公開株は、巨額の損失を避けるために厳しく規制されている。

一方、暗号通貨(仮想通貨)は規制されていない。

暗号通貨(仮想通貨)に関して注目してきたのは、暗号通貨(仮想通貨)を通じてマネーロンダリングや違法な物質やサービスを購入する者、また詐欺的なICOを特定し、税金を徴収することでした。

特定の暗号通貨(仮想通貨)を売却したり、商品、サービス、または他の暗号通貨(仮想通貨)を購入するために使用したりするたびに、利益または損失が認識されます(すなわち、ビットコインをイーサリアムと交換すること)。

暗号通貨(仮想通貨)の基本を学ぶ上で、暗号通貨(仮想通貨)を取り巻く規制環境は常に流動的であり、いくつかの詳細は明日にも変更される可能性があることを理解しておくことが重要です。

暗号通貨(仮想通貨)に関するベストプラクティス

暗号通貨(仮想通貨)は、誰もが自分自身の銀行になることを可能にしますが、これにはいくつかの不愉快な現実が伴います。

中央銀行がないということは、顧客サービスもなく、暗号通貨(仮想通貨)の金額に対する資産保護やFDIC保険も保証されず、物事がうまくいかないときに電話をする担当者もいないということです。

このため、自分の暗号通貨(仮想通貨)は以下のような深刻なリスクにさらされています。

悪意のある第三者によるハッキング

ビットコインを間違ったアドレスに送ったり、秘密鍵を紛失するなど、個人の過失によって紛失する。
しかし、これらの現実的な脅威は、暗号通貨(仮想通貨)のベストプラクティスに従うことで、回避することができます。

暗号通貨(仮想通貨)の基礎とセキュリティ衛生は、秘密鍵を安全に保つことを中心に展開されます。

秘密鍵は、自分の暗号通貨(仮想通貨)への完全なアクセス手段です。もし自分が64文字の秘密鍵をメモ用紙に書き、誰かがそれにアクセスした場合、相手は基本的に自分の暗号通貨(仮想通貨)を好きなところに送ることができるのです。

ここでは、投資家が活用している暗号通貨(仮想通貨)のセキュリティチェックリストを簡単に紹介します。

暗号通貨(仮想通貨)ウォレットを利用する

暗号通貨(仮想通貨)ウォレットとは、暗号通貨(仮想通貨)を保管、受信、送信することを可能にするプラットフォームです。

ウォレットには様々な種類がありますが、大別するとホットとコールドの2種類になります。

ホットウォレット

“ホット”ウォレットは、インターネットに何らかの形で接続されています。例えば、多くの暗号通貨(仮想通貨)取引所では、ウォレット機能をユーザーに提供していることもあります。

もし、ハッカーが誰かの取引所のアカウントに侵入することができれば、暗号通貨(仮想通貨)を送金することができるだろう。さらに、取引所自体がハッキングされた場合、ハッカーは暗号通貨(仮想通貨)を略奪する可能性もある。

ホットウォレットのもう一つの人気タイプは、ソフトウェアウォレットで、コンピュータ上のプログラムとしてホストされています。

コールドウォレット

“コールド”ウォレットはインターネットに接続されていないため、技術的にはホットウォレットより安全です。例えば、大量の暗号通貨(仮想通貨)を保有する暗号通貨(仮想通貨)取引所の多くは、ハッキングが発生した場合の被害を最小限に抑えるために、暗号通貨(仮想通貨)の大部分をオフラインのコールドウォレットに保管する傾向があります。

コールドウォレットにはハードウェアウォレットがあり、基本的に誰かの秘密鍵を安全に保管するために特別に設計された小さなプラスチック製のデバイスです。

コールドウォレットには、ハードウェアウォレットとペーパーウォレットがある。ペーパーウォレットは、秘密鍵を紙に印刷(または書き留め)したものです。

二要素認証(およびGoogle Authenticator)の有効化

ビットコインのような暗号通貨(仮想通貨)の多くは、誰かがそのプログラミングを好きなように操作できるという意味で、「ハッキング」することはできないことを覚えておいてください。

しかし、秘密鍵を保管する場所は、ハッキングされる可能性が非常に高いのです。

第一の防御線は、誰かの個人口座です。暗号通貨(仮想通貨)取引所に資金を預けている場合は、他のアカウント(GmailやFacebookなど)には使わない、安全でユニークなパスワードを使うことが重要です。

次のステップは、二要素認証(2FA)の有効化です。2FAを有効にすると、誰かが他人のパスワードを使ったとしても、その人(またはGoogle Voiceの番号)に送られるテキストで承認する必要があります。

利用可能な場合は、Google Authenticatorがセキュリティの追加レイヤーになります。

Google Authenticatorは、2FA認証を実装した携帯電話のアプリで、アカウントにアクセスするために正しく入力しなければならない新しいコードを30秒ごとに生成します。

2022年、教育が鍵に暗号通貨(仮想通貨)の基本を理解することは、一見どこにでもあるような現在進行形の暗号通貨(仮想通貨)に関する話題を意識するのに役立ちます。

投資家として、たとえ暗号通貨(仮想通貨)に大きく反対していても、暗号通貨(仮想通貨)に関する基本的な理解を深めておくことは、ニュースに遅れないためだけでなく、友人や家族など、暗号通貨(仮想通貨)への投資を検討している人たちに説明するためにも重要なことなのです。

結局のところ、最新のトレンドと、賢明な投資による長期的なリターンの最大化との間を読み解くのに役立つのは、金融教育なのです。

追加