Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

仮想通貨のコインとトークンの違いとは?初心者にも分かる簡単な解説!

仮想通貨

コインとトークンの比較

そう、今、仮想通貨にはとてつもないチャンスがあるのです。

しかし、多くの人にとって、仮想通貨への投資の障壁は金銭的なものではなく、教育的なものなのです。

仮想通貨には、ブロックチェーン、スマートコントラクト、ビットコイン、アルトコイン、コイン、トークンといった新しい用語があり、これらの用語は複雑になる可能性があります。

しかし、理解することが不可能なわけではありません。

仮想通貨から利益を得るためには、これらの複雑な用語の1つであるコインとトークンを理解することが重要です。

コインとトークンとは何でしょうか。

どのように違うのですか?

どのように利益を得ることができるのでしょうか?

要約すると、トークンは取引に使用され、コインは価値を保存するために使用されます。
しかし、この記事では、両方についてより深く見ていきます。

さっそく始めましょう。

トークンとは何ですか?

トークンは、特定の目的を念頭に置いて作成され、資産やユーティリティの表現として機能します。

トークンは、単なる価値の貯蔵ではなく、エコシステム内の通貨として使用されます。

トークンはどのように使用されるのですか?

トークンは、特定のプラットフォーム内で取引や商品/サービスの購入に使用されます。

トークンはどのように作成されますか?

トークンは、「トークン化」と呼ばれるプロセスを通じて作成されます。

これは、既存の資産を取り出してトークンに変える行為です。トークンは資産よりもはるかに流動性が高いため、人々が投資しやすくすることが目的です。

トークンはイーサリアムやNEOなどの既存のプラットフォーム上に構築されるため、購入する前にそのエコシステムを理解することが重要です。

トークンのメリット・デメリット

トークンには、コインと比較していくつかの利点があります。

トークンは、取引所で簡単に売買できるため、コインよりも流動性が高い。
トークンは、ルールや規制が明確に定義された既存のプラットフォームの上に構築されているため、コインよりも理解しやすい。
トークンは、規制や技術的なリスクを伴う可能性のあるプロジェクトに投資する機会を提供する。

トークンの実例

コインのゲームの例にあるゲームコイン(GC)は、保有者にゲーム内のアイテムやアップグレードを購入する機会を提供します。

このように、トークンはプラットフォームや機会へのアクセスを可能にする実用的な資産として作られました。

コインとは何ですか?

コインは一般的に仮想通貨と呼ばれています。ユーロや米ドルなどの不換紙幣と同様に、日常的な取引によく使用されます。

コインは通常、独自のブロックチェーン・プロトコルで動作し、トークンよりも追加的な情報を必要とします。

コインはどのように使用されるのですか?

コインは取引と価値の保存に使用されます。コインは、他のコインや、米ドル、ユーロなどの不換通貨と交換することができます。

また、コインを売買できる独自のプラットフォームがあるため、購入する前に何を提供しているかを理解することが重要です。

コインはどのようにつくられるのですか?

コインはマイニング(採掘)と呼ばれるプロセスで作られます。

作成には独自のプロトコルやルールがあり、それに従わなければなりません。

また、コインは取引所や売ってくれる人から購入することができます。

コインのメリット・デメリット

コインはトークンに比べて変動が少ない
追加的な情報や規制を必要としないプロジェクトに投資することができる。
従来の通貨と比較して、代替的な価値の貯蔵を提供する。

コインの実例
ビットコインはしばしば「デジタルゴールド」と呼ばれ、取引や価値の保存に利用されています。

また、ビットコインのようなコインは、CoinbaseやBinanceのような売買できる独自のプラットフォームを持っています。

追加