FX会社の約定力を比較!おすすめの口座を使って損失回避

FX取引では、注文と約定の間に発生する価格のズレを「すべり」と呼びます。
すべりは、市場の流動性が低いときや、急激な値動きがあるときに起こりやすく、トレーダーにとっては大きな損失要因となります。

そこで、FX会社の約定力を徹底比較し、すべり知らずの口座を使って損失回避する方法を解説します。

FX会社の約定力とは

FX会社の約定力とは、トレーダーが注文した価格で取引が成立する確率のことです。

約定力が高いということは、すべりが少ないということであり、トレーダーにとっては有利な条件です。
逆に、約定力が低いということは、すべりが多いということであり、トレーダーにとっては不利な条件です。

約定力は、FX会社の取引システムや流動性プロバイダー(LP)の質によって大きく影響されます。

取引システムは、トレーダーの注文を素早く処理し、LPに送信する役割を担います。

LPは、FX会社が取引相手となる金融機関や仲介業者のことで、FX会社に価格や数量を提供します。
LPが多くて競争力が高いほど、FX会社はより良い価格で取引できます。

FX会社の約定力を比較する方法

FX会社の約定力を比較する方法はいくつかありますが、ここでは以下の3つの指標を用いて説明します。

ポイント

・約定率:注文した価格で取引が成立した割合
・すべり率:注文した価格と約定した価格に差があった割合
・すべり幅:注文した価格と約定した価格の差の平均値

これらの指標は、FX会社の公式サイトや口コミサイトなどで確認できます。
また、実際にデモ口座や少額で取引してみることも有効な方法です。

口座を使って損失回避する方法

すべり知らずの口座とは、約定率が高くてすべり率やすべり幅が低い口座のことです。
この口座を使うことで、トレーダーは計画通りに取引できる可能性が高まります。また、すべりによる損失も減らせます。

すべり知らずの口座を選ぶポイント

ポイント

・スプレッドや手数料などのコストも考慮する
・取引時間帯や通貨ペアによって約定力が変わることもある
・約定力以外にもサポートやセキュリティなども重視する

以上、FX会社の約定力を徹底比較し、すべり知らずの口座を使って損失回避する方法を解説しました。
FX取引では、すべりは避けられない現象ですが、約定力の高いFX会社を選ぶことで、より快適にトレードできるでしょう。