Generic selectors
Exact matches only
タイトルで検索
文章で探す
Post Type Selectors

FX利益の求め方計算式とスタイル!取引に必要な基礎知識を覚えよう!

FX計算式 FXの基礎

FX取引に必要な基礎知識を覚えましょう。FXでの利益の求め方である計算式が分かります。

(ロット)とは?

ロットは、取引単位のことです。FX会社によって基本単位が異なります。
FXでは、1回の取引における取引単位のことをlot(ロット)といいます。

国内FX会社の多くが1万通貨を採用していますが、一部1000通貨などのFX会社も存在します。
また、MT4では 1lotが10万通貨になることが多いです。

FXの取引前に、利用するFX会社の1lotが何通貨を表すのか把握するようにしましょう。
多くの国内FX会社の場合、1000通貨が0.1ロット、1万通貨が1ロット、10万通貨が10ロットです。

FXの利益を求める計算式は、取引数量(ロット)×差額(ピップス)=利益となります。

pips(ピップス)とは?

最小通貨単位の1%という意味です。
pip(s)はピップスと読みます。1pipよりも大きくなると複数形としてpipsとするのが一般的です。最小通貨単位の1%という意味で、1pipの金額は日本円なら1円の1%で1銭、米ドルなら1セント(=0.01ドル)の1%で0.01セントです。

FXで利益を求める計算式

FXの利益は、取引数量と為替レートの獲得差額の乗算で求めることができます。慣れると計算は簡単です。例えば、ドル円が100円のときに1万通貨を新規で買い、101円のときに決済売りをした場合には1万通貨 (取引数量)x 1円(差額) =1万円の利益となります。

取引数量はFX会社によって取引単位が異なります。
国内のFX会社では1万通貨を11otするのが一般的になってます。

獲得差額はpipsと呼ばれる取引価格の最小単位になります。
異なる通貨ペアを共通の単位で表せます。通貨ペアによって最小単位は違ってきますが、円であれば小数点第2位、その他の通貨では小数点第4位の値が最小単位と覚えてましょう。

追加