【米雇用統計】を利用してFXで稼ぐための3つのポイントを徹底解説

米雇用統計とは、毎月第一金曜日に発表されるアメリカの雇用状況を示す重要な指標です。
この指標は、アメリカ経済の動向や金融政策の見通しに大きな影響を与えるため、FX 市場でも注目されます。

米雇用統計には、非農業部門の雇用者数(ノンファームペイロール)、失業率、平均時給などが含まれます。これらの数値が予想と大きく異なると、ドルや株価などの相場が急変することがあります。

FXで米雇用統計を利用して稼ぐポイント

1.予想値と実績値の差をチェックする

米雇用統計は、事前に市場予想が発表されます。この予想値と実績値の差が大きいほど、相場の反応も大きくなります。
例えば、ノンファームペイロールが予想よりも大幅に増加した場合、アメリカ経済の回復が進んでいると判断され、ドル高や株高につながります。

逆に、予想よりも大幅に減少した場合、アメリカ経済の減速が懸念され、ドル安や株安につながります。したがって、予想値と実績値の差を事前に把握しておき、相場の方向性を予測することが重要です。

2.他の指標との整合性を確認する

米雇用統計は、単独で見るよりも他の指標と併せて見ることで、より正確な経済分析ができます。
例えば、ノンファームペイロールが増加した場合でも、失業率や平均時給が低下していれば、雇用状況の改善は限定的であると判断されます。

また、ノンファームペイロールが減少した場合でも、失業率や平均時給が上昇していれば、雇用状況の悪化は一時的であると判断されます。このように、米雇用統計の各項目は相互に影響し合うため、全体的なバランスを見ることが必要です。

3.リスク管理を徹底する

米雇用統計は、相場の変動が激しいタイミングです。そのため、FX取引ではリスク管理を徹底することが不可欠です。具体的には、以下のような対策を行うことが推奨されます。

ポイント

・ ストップロス注文を入れる
・ レバレッジを低めに設定する
・ ポジションサイズを小さくする
・ 事前にエントリー・エグジットのポイントを決める
・ 発表後に相場が落ち着くまで様子見する

米雇用統計は、FX取引において重要なイベントですが、過度に恐れる必要はありません。
適切な分析とリスク管理を行えば、チャンスとして捉えることができます。ぜひ、参考にしてみてください。