黄金比率フィボナッチを使ったトレンド・エクステンション分析と指標・見方

黄金比率とは、ある二つの長さの比が、その二つの長さの和と大きい方の長さの比に等しいときに成り立つ数学的な法則です。この比は約1.618という値で、フィボナッチ数列という数列と密接な関係があります。

フィボナッチ数列とは、1, 1, 2, 3, 5, 8, 13, …というように、前の二つの項の和が次の項になる数列です。
この数列の隣り合う項の比は、項が大きくなるにつれて黄金比率に近づいていきます。

黄金比率は自然界や芸術作品にも多く現れると言われており、人間の美的感覚にも影響を与えると考えられています。例えば、顔のパーツや身体の比率が黄金比率に近いほど美しいと感じられるという説があります。

また、建築物や絵画などの作品でも、黄金比率を用いた構成や配置が美しさや調和を生み出すとされています。

では、黄金比率は投資やトレードにも役立つのでしょうか?

実は、黄金比率はチャート分析における重要な指標の一つであり、トレンドやサポート・レジスタンスライン、リトレースメントやエクステンションなどを判断する際に用いられます。この記事では、黄金比率フィボナッチを使ったチャート分析の見方と使い方を解説します。

黄金比率フィボナッチを使ったトレンド分析

ポイント

トレンド分析とは、チャート上で価格がどのような方向に動いているかを把握することです。トレンド分析には様々な方法がありますが、黄金比率フィボナッチを使った方法の一つは、フィボナッチ・ファンというツールを用いることです。

フィボナッチ・ファンとは、チャート上で重要な高値や安値を結んだ線から、黄金比率に基づく角度で引かれたファン状のラインのことです。このラインはトレンドラインやサポート・レジスタンスラインとして機能し、価格が反発したり抵抗したりするポイントを示します。

フィボナッチ・ファンを使う際の注意点は、高値や安値を正確に選ぶことです。高値や安値はトレンドが変わるポイントであるべきであり、細かな波動に惑わされないようにしましょう。また、フィボナッチ・ファンは長期的なトレンド分析に向いており、短期的なトレードには適さないことも覚えておきましょう。

黄金比率フィボナッチを使ったリトレースメント分析

リトレースメント分析とは、チャート上で価格がトレンドに沿って動いた後に、一時的に逆方向に戻る(リトレースする)割合を測ることです。リトレースメント分析には様々な方法がありますが、黄金比率フィボナッチを使った方法の一つは、フィボナッチ・リトレースメントというツールを用いることです。

フィボナッチ・リトレースメントとは、チャート上で重要な高値や安値を結んだ線に対して、黄金比率に基づく割合で引かれた水平のラインのことです。このラインはサポート・レジスタンスラインとして機能し、価格が反発したり抵抗したりするポイントを示します。

フィボナッチ・リトレースメントを使う際の注意点は、高値や安値を正確に選ぶことです。高値や安値はトレンドの始点と終点であるべきであり、細かな波動に惑わされないようにしましょう。また、フィボナッチ・リトレースメントは中期的なトレンド分析に向いており、長期的や短期的なトレードには適さないことも覚えておきましょう。

黄金比率フィボナッチを使ったエクステンション分析

エクステンション分析とは、チャート上で価格がトレンドに沿って動いた後に、リトレースした後に再び同じ方向に動く(エクステンドする)割合を測ることです。エクステンション分析には様々な方法がありますが、黄金比率フィボナッチを使った方法の一つは、フィボナッチ・エクステンションというツールを用いることです。

フィボナッチ・エクステンションとは、チャート上で重要な高値や安値を結んだ線から、黄金比率に基づく割合で引かれた水平のラインのことです。

このラインは目標価格や利益確定ポイントとして機能し、価格が到達したり反転したりするポイントを示します。

フィボナッチ・エクステンションを使う際の注意点は、高値や安値を正確に選ぶことです。高値や安値はトレンドの始点と終点であるべきであり、細かな波動に惑わされないようにしましょう。

また、フィボナッチ・エクステンションは短期的なトレードに向いており、長期的や中期的なトレードには適さないことも覚えておきましょう。

黄金比率フィボナッチは自然界や芸術作品にも現れる美しさや調和の法則であり、投資やトレードにも応用できます。